常総環境センター  【TEL 0297-48-2314  FAX 0297-46-0195】


常総環境センターからのお知らせ

  • 感染症対策のためのご家庭でのごみの出し方について
  •  新型コロナウイルスなどの感染症対策のため、ご家庭でごみを出すときは5つことを心がけて出してください。
  • ・ その1  ごみ袋はしっかり縛って封をしましょう。
  • ・ その2  ごみ袋の空気を抜いて出しましょう。
  • ・ その3  生ごみは、水を切りましょう。
  • ・ その4  普段からごみの減量を心がけましょう。
  • ・ その5  自治体の分別・収集ルールを確認しましょう。
    ※ ご家庭でのごみの捨て方(PDFでの画像はこちら
          

  • 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のためのお願い
  •  構成市住民の皆様におかれましては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、当面の間、不急のごみの個人持ち込み(直接搬入)はお控えいただくようお願いいたします。
  •  ごみ処理施設を継続して稼働させるための措置となりますので、ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。
  •        常総地方広域市町村圏事務組合 常総環境センター
    

  • 第9期 常総地方広域市町村圏事務組合分別収集計画について
    第9期 常総地方広域市町村圏事務組合分別収集計画を作成しました。

    詳しくはこちらをご覧ください。

  • 常総地方広域市町村圏事務組合一般廃棄物(ごみ)処理基本計画の公表
  • 本計画は「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」第6条の規定に基づき策定しましたので、公表します。
    一般廃棄物(ごみ)処理基本計画(PDF 3,293KB)

  • 循環型社会形成推進地域計画事後評価の公表
 平成18年度から平成24年度を計画期間とした「常総地域循環型社会形成推進地域計画」について、循環型社会形成推進交付金交付要綱に基づき、事後評価を行いましたので、結果を公表します。

循環型社会形成地域計画目標達成状況報告書(PDF 139KB)

改善計画書(PDF 81KB)

  • 草木の直接搬入について
 常総環境センターから排出される飛灰処理物に含まれる放射性物質の量は、平成29年5月1日現在、まだ1,250Bq/kgあります。放射性物質が高い原因は、搬入される草木やそれに付着した土などが焼却処理される事により、濃縮したと思われます。草木や土にはまだ放射性物質が高く検出されることがあり、まだまだ予断を許さない状況です。皆さまには大変ご迷惑をおかけしておりますが、引き続き草木の直接搬入を見合わせていただきますよう、ご協力をお願いします。
 なお、受け入れが可能となりましたら、各市の広報紙やホームページ等にて、お知らせいたします。

  • 保管場所の放射線測定結果について
    8,000ベクレル/kgを超える飛灰固化物(すす)は、国による最終処分場
   ができるまで処分することができないので、ドラム缶に密閉し、組合敷地に
   二重の遮へい板を設置し、その間に土砂を詰めた大型の土のうを配置した
   囲いの中で保管しています。
    遮へい板表面の放射線量は敷地境界の放射線量より低いかほぼ同等で、
   外部への影響はありません。

   詳しくはこちらをご覧ください。