常総広域消防


火災発生データ


令和2年火災発生件数】


月別
常総市
(旧水海道地区)
守谷市
つくばみらい市
 1月
 2月
 3月
 4月
 5月
 6月
 7月
 8月
 9月
10月
11月
12月
※1 常総市の数値は、当組合消防本部の管轄区域が旧水海道市の地区のみであるため、 旧水海道市内での発生件数とする。


【平成31年(令和元年)火災発生件数】

月別
常総市
(旧水海道地区)
守谷市
つくばみらい市
 1月
10
 2月
 3月 1
 4月 1
 5月
 6月
 7月
 8月
 9月
10月
11月
12月
23 19 15 57
※1 常総市の数値は、当組合消防本部の管轄区域が旧水海道市の地区のみであるため、 旧水海道市内での発生件数とする。



【過去との比較】

 平成31年(令和元年)中に常総広域消防本部管内で発生した火災件数は、57件と前年に比べ4件(7.5%)増加しています。構成市町村別の火災件数は、常総市23件(構成比40.4%)、守谷市19件(構成比33.3%)、つくばみらい市15件(構成比26.3%)となっています。
火災種別は、建物火災が27件(構成比47.4%)、車両火災4件(構成比7.0%),その他火災26件(構成比45.6%)で、前年と比較すると建物火災は2件の減少、車両火災は1件の減少、その他火災は7件の増加となっています。
 火災による死者は0で前年と同じ、負傷者については8人で2人の増加となっています。逃げ遅れによる死者を減らすためには、住宅用火災警報器の設置が必要不可欠です。
 
 平成31年(令和元年)火災発生状況
種別各市 建物
火災
林野
火災
車両
火災
その他
火災
 常総市 11 10 23
 守谷市 13 19
つくばみらい市  3 10 15

27 26 57